施設用途別

施工実績一覧表PDF

施設用途別 / 通信施設

    • 大規模施設にCMアットリスク方式でコスト抑制

      24時間365日止めることの出来ない通信関連施設の建設工事。耐震性能を「特級」とし、免震構造+プレキャスト・プレストレストコンクリート(PCaPC)造を採用。
      災害対策として、非常用電気設備・N2ガス消火設備を採用しています。施工面では、基礎工事でシートパイル工法・ラディックス工法(鋼製型枠)、タワークレーン2機を使用した躯体工事など工期短縮を図った計画で当初予定を一カ月短縮して竣工しました。また、本工事では発注方式として「CMアットリスク方式」を採用。分離発注によるコスト抑制と透明性の確保/一括請負での責任の一元化、通常相反するメリットの両立を実現させています。

      規模: 地上4階 地下1階 塔屋1階 敷地面積: 約7,000㎡
      構造: PCaPC造 (免震構造) 建築面積: 約4,000㎡
      設計・監理: プランテック・西日本技術開発設計共同体 延床面積: 約12,000㎡